メルカリの仕組み、取引の流れ

ゲームアプリ

メルカリの仕組み・取引の流れ

メルカリの仕組み・取引の流れですがとても簡単な内容になっています。

仕組みとしては、最低の換金金額があり、最低金額は211円です。そのうち換金手数料の210円もとられるため、211円を換金すると、1円が口座に入ります。また、販売手数料も存在し、販売価格の10%がメルカリに振り込まれ、残りが出品者の売り上げとなります。

この10%を計算しながらの出品がポイントです。

手元に残ってほしい額から逆算して計算することが大事。

手数料と郵送料は必ず出品の際は意識しなければいけません。

出品者が出品している商品を購入者が興味を持ち、購入します。

そこでメルカリ内での取引は始まっており、入金の確認がとれたら、出品者は購入者の住所に商品を送ります。

購入者が出品者から送られた商品の確認が取れたら、評価、レビューをして取引成立です。

メルカリ側での対策

メルカリ側での対策としては2017年に安全の対策の強化として、初回出品時に住所、氏名、生年月日の登録を必須化を実施。

さらに口座は本人及び(家族、改姓)を除き登録者の情報と一致しなけらばいけない。

メルカリの規約違反になる違法行為に対するAIの導入等、盗品に対して損害額の補填をするなどの対策がされています。

最初の初回出品時の情報の登録化では複数アカウントによる出品を防ぐのが目的であり、AIの検知に関しては過去に多発した問題からAIを利用した問題が多く多発したため、このような対策がされているようです。

メルカリは危険?購入側でトラブルにあった口コミとどう対処するかについてです。

構成内容は、送料込みなのに商品が着払いで届くケースがある。

商品が届かない・届くのが遅いという口コミが多数ある。

不良品や違う商品が届く口コミについて、出品者側からのキャンセルのお願いの4つです。

購入者側の口コミには良い評判の口コミがあれば、悪い評判の口コミも多数あります。

そのうちのほとんどが商品に対するクレームや出品者とのトラブルです。

メルカリで購入者が注文をした時に送料込みなのに商品が着払いで届くという口コミがあります。

これは出品者が出品の際に送料込みでの出品の方が出品時に楽なため、送料込みで出品ケースが多いです。

しかし、まれに悪質な出品者により、実際に購入の取引が進み、いざ購入者が商品を受け取ると着払いだったというケースが多々あります。

このような口コミは悪い評判のレビューで多いです。

このケースの対処法は商品の受け取りを拒否し、再度、送料を前払いで配送してもらいましょう。

もしも着払いで受け取ってしまった場合は、出品者とのメッセージのやり取りで送料を振り込んでいただいたりと対策は必要です。

メルカリで購入者が注文をした時に商品が届かない・届くのが遅いなどのトラブルが口コミを確認すると多数あります。メルカリでは出品者が商品を発送した際に発送通知を購入者に知らせます。しかし、ここでの問題が、振込をしたにもかかわらず、発送通知が来ないというケースです。

出品している商品が多いという出品者にとっては、発送通知を忘れている人もいますが、悪質なケースは連絡に対して無視の場合もあるため、その際にはメルカリの運営事務局に連絡をいれることも視野に入れましょう。

 

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました